【ニット問題】定番のアンデルセンアンデルセンか新進気鋭のオーラリーか。

   




この時期になるとほしくなるのがヘビーなローゲージニット。

ここ数年間欲しくて結局買っていないのが大定番Andersen-Andersen(アンデルセンアンデルセン)の5ゲージニット。

タートルネックかクルーネックか、そして色ネイビーなのかホワイトなのか。

いろいろ考え試着もして決めかけていたところに登場したAURALEE(オーラリー)という選択肢。

どうやらこの2択で迷う方も多いとか。

個人的な好みで比較してみます。




Andersen-Andersen

2009年、デンマークのアンデルセン夫妻によりスタート。海洋国家であるデンマークは昔からニットが非常に盛んでしたが、近年は後継者不足から産業が減少傾向にありました。しかし、アンデルセン夫妻はこの伝統的なデンマークのニット文化を継承していきたいという想いから昔ながらの編み方を継承しつつ、デンマークのユトランド半島にて生産を始めました。また定番であるタートルタイプは、デンマークで昔から着られている船員や漁師・ハンターのニットウエアのデザインにインスピレーションを受けて作られており、前後どちらでも着られるニットは忙しい船員達が前後気にすることなく、気軽に着られるように作られています。 

ファッション業界では珍しいデンマークのブランド。

定番として5Gと7Gがありますがここではより人気な5Gを。

いわゆるユニクロ等でも有名なメリノウール100%なのですが、驚くほどの重厚感があります。

ずっしりと重く、生地も分厚い。

ローゲージとはいえ、これほどのニットを作れるブランドはなかなかないというほど、圧倒的な存在感があります。。。

初めて手に取った時の重みと触り心地は今でも覚えているほど衝撃がありました。

さて、そのデザインはというといたってシンプル。

前述したように前後がないデザインなのでさらっと着ることができます。

また、袖は防寒のためフィンガーホール(指を通す穴)が作られているデザイン。

これは通常折り返して着ている方が多いようですね。

定番のネイビー、ホワイトに加え、最近ではかなりカラーバリエーションが増えました。

オリーブなんかは近年を象徴するカラーだと思います。

タートルかクルーネックか迷いどころですが、ぶっちゃけどっちも良いです。

タートルは「らしい」見た目になりますし、ボートネック/モックネックにも見えるクルーネックはシャツとの相性も抜群です。

価格は45360円と安くはありませんが、このクルーネックのホワイトを今季こそ!

と思っていたのですが。。。

 
 

AURALEE

気になってしまったオーラリーのニット。

オーラリーについてはこちらで述べているので詳細は省きますが、2015SSからスタートした知る人ぞ知るブランドです。

とはいえ、ファッション業界人においてオーラリーを知らない人はいない、というほどのブランドではありますが。

そんなオーラリーは秋冬アイテムとしてニットをリリースしています。

アンデルセンと同じくしっかり目が詰まったヘビーなリブニットで、ウール100%。

でも去年は確かウール90にカシミア10を混紡していたような気が。

そこにオーラリーらしいゆったりしたサイズ感が加わると、それはもう抜群な着心地とシルエットが生まれます。

こちらはもとよりタートルしか候補になく、価格はアンデルセンより5000円ほど安い39960円

 
 

比較と結論

正直、良い意味でどっちでもいいって感じでした。

あとは好みで決めようということで、ブランドで選び、結局オーラリーを購入しました。

スタンドアップTとモールスキンパンツですっかりオーラリーの虜になっていたので、今回もそう選択しました。。。

ただし、フィンガーホールもありますし、ブランドとしてより安心感があるのはアンデルセンの方かもしれません。

よく一生ものと言われていますしね。

一度着るとこの重さと着心地にはまってしまうと思うので、まだ袖を通したことがない方は是非試着をお勧めします。

ちなみにアンデルセンはサイズ展開がユニセックスで幅広くXXXS~Lくらいまであります。

海外ブランドなので1サイズ小さめを選ぶのがベターです。

オーラリーはメンズが3,4,5の展開でブランド柄ややゆったりとしたサイズ感です。

感覚としてはアンデルセンのXS=オーラリーの3といったところ。

アンデルセンのXXSは一応レディースなのでメンズはかなりピタピタになりそうです。





 - ,