【BEAMS別注シリーズ】CONVERSEとNew Balanceどっちも良さそう。

   

スポンサーリンク




大手セレクトショップBEAMSの別注スニーカーといえば色々出てますよね。

40周年ということもあり、今年は色々リリースされそうです。

最近だとmita sneakers×asicsによるゲルライトreebokのポンプフューリーなどがありました。

今回はCONVERSEとNew Balanceです。

 

スポンサーリンク




 

BEAMS×CONVERSE

まずはコンバース。

定番中の定番「オールスター」を別注しています。

BEAMSが創業当時にコンバースに別注していたら?ということを想定しているため、チャックテイラーに近づけたカラーとなっています。
beams_conversebeams_converse_3 beams_converse_1 beams_converse_2パッと見、現行のオールスターと変わりませんが若干の違和感。

これはソールの赤青2色のラインが現行と反転しているからなんですね。

あとは2016S/Sよりコンバースで採用されたカップインソールにロゴが入るくらいで、外観としてはほぼ変わりません。

というか今季から採用されたカップインソール「REACT」が気になりますね。。。
react_cupinsole

コンバースはデザインは秀逸ですが履き心地がいまいちですからね。

もちろん安いからそこはしょうがないですが。

話が逸れましたが、この別注オールスターはヒールパッチも現行ですしもちろんmade in USAでもなくmade in JAPANでもない。

サイドステッチが入るかといえばそうでもない。

別注というとこのあたりを意識してしまいがちですが、あえてそうしないあたりに遊び心を感じますね。

予約開始していますがおそらく早く売り切れますので気になる方はお早めに。

【詳細】
・発売時期:2016年8月上旬
・価格:11,880円(ハイカット)、10,800円(ローカット)
・カラー:ホワイト
・サイズ展開:4、4.5、5、5.5、6、7、7.5、8、8.5、9、9.5、10.5、11.5
予約はこちら

スポンサーリンク




BEAMS×New Balance

続いて、ニューバランスからは「1400」です。

人気の定番モデルとはいえなぜ1400?と思いましたが、面白い理由がありました。。。(後述します)

この1400の別注モデルは、まさかの非対称デザインです。

ポンプフューリーでは定番となっていましたが、まさかNBでやってしまうとは。。。

コンバースとは違いこちらはネイビーとベージュの2色展開で、凄いことにカラーによっても対称のデザインが異なります。

ネイビーはNロゴのカラーを非対称にしたデザインです。
beams_newbalance beams_newbalance_2 beams_newbalance_3

スウェードのボディにネイビーなのでシックな印象ですが、非対称なので遊び心がありますね。

もう一方のベージュはボディのスウェードとタンが非対称です。beams_newbalance_1 beams_newbalance_5
いやいや、これはかっこいいですね。笑

極端に異なるカラーではなく近い色味でのクレイジーパターンなので派手さは抑えられています。

ポンプの非対称は苦手でもこちらなら大丈夫という方もいるでしょう。

どちらのカラーでも共通しているのは、タンの「1400」の40の文字がオレンジのステッチなことですね。

これが40周年を記念したデザインで、1400を選んだ理由なのでしょうか。

面白いですねー。こういうのたまりません。

欲しすぎます。

が、もしかして全て予約が埋まってる。。。?

【詳細】
・発売時期:2016年7月下旬
・価格:19,440円
・カラー:ネイビー、ベージュ
・サイズ展開:23、23.5、24、24.5、25、25.5、26.0、26.5、27.0、27.5、28.0、28.5
予約はこちら

40周年ということもあり、コンバースもニューバランスも人気が予想されます。

記念に是非いかがでしょうか。

(BEAMS)


 - , ,