夏はやっぱり柄シャツとサンダルが好相性。

   

夏に必須なものといえば?

そう、サンダルでしょう。

では夏に着たいものといえば?

そう、柄シャツでしょう(と私は思っています)。

サンダルに限ってはいわずもがなですが、柄シャツについては普段は無地ばっかりだけど夏はなんだか明るい色のもの、派手なものが着たいという方も少なからずいると思います。

今回はサンダルと柄シャツセットでおすすめブランドを紹介したいと思います。

ブランド名を先に挙げるとIsland Slipper(アイランドスリッパ)Reyn Spooner(レインスプーナー)です。

どちらもユナイテッドアローズやビームス等の大手セレクトショップに置いてあるので、見かけたことがあるという人も多いかと思います。

Island Slipper

本ブログでも紹介したことのあるサンダルブランド。

サンダルの中でもカジュアルな印象が強いビーチサンダルのメーカーです。

1946年からハワイオワフ島で生産されているという点がたまらないんですが、そのうえもちろん手作り。

こういうこだわりってやっぱり大事だと思います。

ビーチサンダルといえば過去にはハワイアナスが流行ったのを覚えている方はいるでしょうか?

あの当時は古着のリーバイス517や646の流行もあり、フレアパンツにビーサンというスタイルをよく見かけました。

非常に安価なので私も持っていましたが、やっぱりビーチサンダルはビーチサンダルでした。。。

長時間履くとどうしても鼻緒の部分が痛くなり、また、疲れやすいです。

そんな印象でこのアイランドスリッパを履くと、イメージが覆ります。

なんといってもその履き心地。

ソールは薄いものの抜群のクッション性でよくフィットします。

もちろんスニーカーよりも良い!なんて野暮なことは言いませんが、サンダルとしてみればかなり楽な部類に入るかと思います。

あとはやっぱり見た目が上品というのも高ポイント。

一般的なビーチサンダルはEVAが使われているものが多いですが、こちらはレザー。

素材による表情の違いは顕著で、ラフなコーディネートでもしっかりとまとまってくれます。

実はクロスストラップのタイプもあったりしますが、やっぱりビーサンらしく鼻緒付きのモデルが個人的には好きです。

カラバリも豊富で、合わせやすいブラックやネイビーをはじめ、ピンクやイエローなどの明るい色もあります。

一般的な靴と比べると面積が少ないので、派手な色を選んでも嫌味になりません。

夏らしくちょっと色で遊んでみたいですね。

 
 

Reyn Spooner

サンダルと一緒に紹介するのはまさに夏のアイテム、アロハシャツ。

なぜアイランドスリッパとこちらを同時に紹介するに至ったかというと。。。

こちらもハワイのブランドだからです。

レイン氏とスプーナー氏が1960年代にハワイで立ち上げたブランド、それがレインスプーナー。

一般的にはレインスプーナーとkamehameha(カメハメハ)あたりが有名どころでしょうか。

古着屋にもけっこう置いてあったりします。

レインスプーナーの特徴としてはまずはその裏地です。

リバースプリントと言われ、その名の通りプリントの裏地をあえて使うことで派手すぎない印象にしています。

通常、アロハシャツといえばオープンカラーでラフなイメージが強いですが、こちらはそれと比べると非常にきれいな印象。

また、いわゆる3点留めといわれる襟周りのボタン使い。

ヴィンテージのシャツに見られるディティールで、ボタンダウン+襟の後ろにボタン。

ヴィンテージ好きな方は、これをシャツに求める人も結構多いようです。

先ほどのリバースプリントに加え、このボタンダウンで更にラフな印象を削ぎ落とします。

プルオーバーなんてのもたまにあります。

ペンドルトンとのダブルネームとか好きな人多いでしょう。。

 

実は私も一点お気に入りの私物があります。

それがこちらのreyn spooner × beauty and youthです。

貴重なデッドストックのレーヨン生地を贅沢に使ったこちらのシャツ。

この別注で使用された生地は、2000~2002年のちょっと古いもの、更には収集家たちの間で人気が高い1993年製のものもあるそうです。

自分の服にこういった背景があると着ていて気持ちがいいものです。

このシャツは身幅が細く丈が長い上品なシルエット。

もちろん3点留め。

リバースプリントなので裏地は派手です。

オレンジのステッチやロゴ刺繍も洒落てます。。。

さらにしっかりとアメリカ製。

生産国にこだわる私にとってはかなり高ポイント。

やっぱり日本製かアメリカ製が好きです。

古着でもたくさん見つかるので、レギュラー(もしくはヴィンテージ)を探すのもありでしょう。

ヴィンテージの際は乳首タグとか面白い話がけっこうあるのでご興味ある方は調べてみてください。

夏にぴったりのアロハとビーサン。

是非是非。

 

 - , ,