Cippy Crazy Horse がものすごく欲しい件

      2015/12/06

こちらこちらで書いているように、インディアンジュエリーが好きなわけですが、またしてもインディアンジュエリーの話題です。

スポンサーリンク

Cippy Crazy Horse

これまでは私が購入・紹介してきたのはナバホ族が中心でしたが、今回は異なります。
今回紹介するCippy Crazy Horse(シッピークレイジーホース)はコチティプエプロ族の酋長を務めるシルバーアーティストです。

シッピーは偉大なシルバースミスJoe.H.Quintana(ジョーキンタナ)の息子で、1946年に生まれ、1974年よりジュエリー製作を始めました。

数多くの賞を受賞し、ジュエリーショーでの審査員を務めるほどの実力の持ち主です。
日本では2011年頃から一気に知名度が上がりました。
Cippy_Crazy_Horse
ナバホの作品は多くのスタンプを打ち、デザインに富んでいますが、シッピーの作品はとにかくシンプルな見た目
しかし、一つ一つ鍛造で丁寧に作られたジュエリーは、シルバー同士がぶつかったときに綺麗な音を出すと言われています。
ゆえに、シッピーのネックレスは重ね付けする人が多いようです。

今回はネックレスに絞って以下に代表的なモデルを載せます。

スポンサーリンク

代表的なネックレス

スター

Cippy_Crazy_Horse
なんといっても人気なのはやはりスターモチーフです。
シッピーといえばまずスターを探す方も多いようです。
大ぶりなスターはシンプルながら存在感抜群で、他のアクセサリーには無い雰囲気があります。
私の好きなネペンテスでもスタイリングに使われていました。
cippy_4

トリプルクロス

Cippy_Crazy_Horse
スターと双璧をなす人気のトリプルクロス
1個で重ね付けしている雰囲気も出ますし、シッピーの音を感じることもできます。
シッピーの中で単価では最も高いネックレスかもしれません。

ナジャ

Cippy_Crazy_Horse
シッピーに限らず、インディアンジュエリーでは定番のナジャ
子宮や三日月をイメージした形となっています。
シッピーのものは特に大きく、ビッグナジャと呼ばれています。

その他、ドラゴンフライやガーディアン、ハートなどもあります。

値段と販売場所

デザインによって異なりますが、大体10~18万円くらいかと思います。
一般的にスターが最も安いです。

ナバホの有名なアーティストと違って全国どこでも購入できるわけではなく、最も多いのは恵比寿のGOD TRADINGです。
その他、インディアンジュエリーを扱っているショップでも購入できるようですが、入荷のタイミング次第かと思います。
基本的にギャランティー等はありません。

最近では芸能人の着用も目立ち、二次流通でも相場が上がっているようです。

個人的にはスターが欲しいですね。
Cippy_Crazy_Horse
プレーンやスタンプ、ライン入りなど様々ありますが、ライン入りが欲しいです。
というのも、シッピーは「4」という数をデザインに落とし込むことが多いからです。

シルバービーズの数が4つで、画像でもラインが4本であることが分かります。
四季や東西南北などの数多くの「4」を表しているらしいです。

インディアンジュエリーなので、なんとなくこういう背景があるものに惹かれます。

スポンサーリンク

息子のWaddie

シッピーの息子はWaddie Crazy Horse(ワディクレイジーホース)という名前で同じくジュエリーアーティストです。
シッピーほど有名ではないので被ることもないので、こちらを好きな方も多いようです。


 - アクセサリー ,