BOT (自動購入プログラム)とは?

      2015/09/04

人気ブランドの商品はオンラインストアに登場しても即売り切れてしまいます。
最近は特にそれが顕著となり、数秒、数十秒以内に完売ということも珍しくありません。
アクセス集中によってサーバーがダウンするサイトもあります。
そういった背景もあり、BOT(自動購入プログラム)が目立つようになってきました。

スポンサーリンク

BOTとは何か?

通常、アパレルのオンラインストアではユーザーは以下のように操作をします。
①サイズや数量、色等を選択し、カートに入れる。
②カート内容の確認。
③配送先、支払方法等の入力。
④最終確認、注文。
これらのフローをユーザーが行うと、最短でも十秒かそれ以上かかるかと思います。
これを全て自動で行うのがBOTです。

BOTは早いのか?

手動操作よりは間違いなく早いです。
希望の商品情報や配送先等を事前にプログラムに入力しておくのでかなりの時間短縮になります。
※もちろん、使っているPCのスペックや回線速度に依存する部分も大きいですが。
ここで大事になるのが、ページを表示させるかさせないか、です。
冒頭でも述べたように、開始時刻にはアクセスが集中するのでページもすぐには表示されません。
したがって、ページの表示が遅い限りはBOTによる処理も遅くなってしまいます。
一方で、ページを非表示のまま処理することも可能です(不可能なBOTもあります)。
この場合はページ表示待ちの時間が無いので、高速動作が可能です。
このような非表示動作のBOTは1秒以内に処理が完了するものもあります。

スポンサーリンク

BOTは作れるのか?

BOTを作るのにはExcel VBA、java、ブラウザのプラグインなど様々な方法があります。
最も簡単なのはプラグインによる動作の記憶です。
これはマウスカーソルでユーザーが動かした通りの動作を記憶し、それを実行するというものです。

次にVBAですが、これはhtml等の知識が必要になります。
ですが、ネットで調べるとたくさんの初心者向けページが出てきますしそれほど難しくはありません。
また、特別な環境構築は必要なく、Excelがあればできます。
一般的には対応ブラウザがInternet Explorerのみですが、非表示での処理ができます。

javaは簡単にはできません。
普通のPCでは開発環境が無いので、それを構築する必要がありますが、まずそこで躓く人が多いです。
しかし、プラグインやVBAと比較すると安定/高速動作をさせるBOTを作ることが可能です。

他にもBOT作成方法はたくさんあるかと思いますが、一般的に分かりやすいのはこれらかと思います。

有名なBOTは?

最近よく目にするのはナイキオンラインやシュプリームオンラインのBOTです。
これについては手動でのオンライン攻略法も含め改めて記述します。
(巷に溢れている必勝法なるものについても経験則から述べたいと思います。)
他に有名なものだと、楽天市場でのBOTもあります。  

スポンサーリンク

総括

ここまでBOTの基本的なところを説明しました。
BOTを使うべきだ!BOTがあれば何でも買える!とは絶対に言いません。
しかし一方で、一部の人達はこういったBOTを使っている、ということは頭に入れておいても良いかと思います。


 - その他